コロナウィルスに関するDotchysライブの基本方針

コロナウィルスに関するDotchysライブの基本方針

 日本政府からのイベント自粛要請があり大規模なイベントが軒並み中止・延期となっており、更に小規模なライブイベントも続々と中止の報告がSNSで流れてきています。

 Dotchysも3月8日のAfterBeatでのゆゑんのライブ、3月22日のネガポジでのツーマンを控えておりその取扱いについて色々と考えて次のように方針を決めましたのでご連絡させて頂きます。

 ライブの集客もままならない地方の泡沫ミュージシャンが何をエラソーにとお思いになった諸兄も多いかと思いますが、こういうことをタイソーに考えてしまう「芸風」なのですみません。

方針を決めるにあたっての考え方

まずは、方針を決めるにあたっての基本的な考え方をご説明いたします。

A.Dotchysは法律を守ります、また行政の指示に従います
B. Dotchysは法の範囲内では個々人、個々のお店、個々の主催者の判断を尊重します

 別に普段から日本国政府の言うことが全て正しいことなんて思ってもいないし、自称他称専門家の話も懐疑的にしか聞いていないのですが、「判断する」際には重要なファクターとなります。 今回のように「ライプをやるのかやらないのか」というような社会的な判断を行う時は特に法律や日本政府のいうことが重要性を帯びてきますね。

 なにをおいてもDotchysは日本国民であり、日本の法律を守り行政の言うことに準じて行動するということが「一応の基準」として存在するのです。

日本国政府からの要請の解釈

 2020年2月26日に安倍首相自らが「要請」しました。その内容は厚生労働省のWebsiteに記載されています。

イベントの開催に関する国民の皆様へのメッセージ

内容は以下の通りです。

政府といたしましては、この1、2週間が感染拡大防止に極めて重要であることを踏まえ、多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等については、大規模な感染リスクがあることを勘案し、今後2週間は、中止、延期又は規模縮小等の対応を要請することといたします。

Dotchysは以下の通り解釈いたしました。

 ・時期: 「この1、2週間」という言葉から推察して2月26日~3月15日ぐらいではないかと判断しました。引き伸ばしがある場合はこの期間中に更に追加で発表されると思いますので現時点ではこの時期を基準とします。

 ・イベントの種類:

「多数の方が集まるような全国的なスポーツ、文化イベント等」の記述についてですが、「多数の方」「全国的な」という言葉で判断すると、地方の泡沫イベントであるDotchysのライブはあてはまらないどころかカスリもしないと思います。

 ということで、3月8日にゆゑんライブを予定通り行っても開催時期にはひっかかりますがイベントの規模が小さい為「行政の指示」を破っているわけではないということと理解しています。

 こんなふうに書くと「少人数でも人が集まったら感染のリスクがある、感染したらその責任はとれるのか?」などと突っ込みが入ると思いますが、その点については次の項目でご説明します。

法の範囲内では個々人、個々のお店、個々の主催者の判断を尊重

はい、そういうことです。

 前項で、小規模なライブは政府要請の内容にあてはまらないと書きましたが、だからといって、「小規模なライブイベントは絶対にヤルべき!!」と言っているわけではありません。

 ライブの開催可否は、そのライブハウス、お店、主催者、参加アーティストの判断に委ねられ、その判断は「開催/中止」いずれにしても尊重すべきと思っています。

 そして、お客様についても同様で聴きに行くか行かないかはお客様御自身の判断に委ねるということですね。

 法律や行政の指示に当てはまっているのであれば問答無用に中止ですが、そうでないならば、それは個々の判断となるというのは至極当たり前の話ですね。 個々が個々の思いや事情などを考慮して決めていくということになると思います。

Dotchysライブの当面の対コロナウィルス方針

1. 2020年3月8日のゆゑんライブ、3月22日のDotchysライブは演者としては出演する

 →3月4日追記: 3/8のライブはAfterBeatさんのご判断で中止となりました。その前に私自身が風邪をひいてしまい中止にならなくても私は出演できない状況となってしまいました。

2. 会場であるAfterBeatさん、ネガポジさんが中止と判断した場合は従う
3. 自分自身がライブ一週間前に「発熱・酷い咳」などの症状が出た場合はかかりつけの医者の指示(参加可否)に従う

4. ライブ告知は行うが、お客様に対しての感染予防の注意喚起を行う。
5. ライブハウスに対しては出来る限りの感染予防策を講じるよう依頼する。

まとめ

という感じになりました。要は現時点ではライブはやらせて頂きますが、自分自身が風邪をひいてこじらせてしまったら残念ながら中止になってしまいます。

 お客様も個々のご判断で行くのを取りやめる方も多いと思います、それはそれで個別には恐らく正しいご判断だと思いますので現時点で「行くよ!」とおっしゃって頂いている方々が「コロナがヤバそう」ということで取りやめて頂くのはまったく問題ございません。

 また、恐らくたたでさえ少ないお客様も更に少なくなってしまい、最悪ほぼ無観客ライブということになってしまうかも知れません、そうなった場合は頑張って一人でたくさんドリンクを注文しようと思います 笑))

たぶん客席はスカスカだと思いますので、落ち着いて聴けると思いますよ~♪

 一番心配なのは自分自身が風邪をこじらせないことですね。

政府の要請内容に追加・変更があった時点でまた再考したいと思います。

 まぁこういう事案は悲観論で対応するのが一番安全なのは間違いないのですが、芸能経済サイクルの最底辺の一員としてオカミがダメというまでは続けたいですね。 さてどうなることやら。

メッセージ メッセージ

タイトルとURLをコピーしました