ライブハウス(After Beat)でレコーディングしてきました♪

Dotchysレコーディング#1

こんにちは、Dotchysです

今年の夏ごろには全て終わっているはずだったDotchysの音源作りですが、12月に入ってようやく動き始めました

2020年12月14日、15日の二日間で「ゴッドウメサマ」という曲をレコーディングしましたのでそのことについて書きたいと思います

レコーディングはスタジオでレコーディングするの普通だと思うのですが、今回はなんとライブハウス(After Beat)さんでレコーディングしてきました

今回のレコーディングについて

ライブハウスでレコーディングした理由

今回レコーディングをお願いしたのはライブハウスのAfter Beatさんです

レコーディングは普通はレコーディング専用のスタジオで行うものですが、なぜノイズが乗るリスクのあるライブハウスでお願いしたのかというと

(1) コストがとにかく安い

京都のライブハウスAfter Beatさんが今年の5月から始めた「BEAT REFUGEES SQUAD」という企画で、

詳細はAfter BeatさんのWebsiteを参照してください

4h REC PLAN \10,000-
8h REC PLAN \20,000-

両プラン共に2曲まで

もちろん、プロのエンジニアがちゃんとしたした機材を使ってレコーディング、MIX、マスタリングまでやって、その日の最後に2MixのWAVデータを頂ける というシステムです

もちろん、4時間とか8時間の短い時間内にレコーディング、MIX、マスタリングまでをやるというのは、かなり無理がある設定です

ですが、

「ベストにはならないけれども自分で全てやるよりはだいぶマシ」

な結果が得られます

そんな感じのプランですね

私の場合は、「名刺がわりの音源」を一刻も早く作りたいという目的でしたのでこれで十分!!と判断した次第です

もっとMixを突き詰めたいというニーズがある場合は、1時間延長するごとに3,000円ですので「かなり安価にこだわる」ことも可能です

(2) リラックスして臨める

After Beatさんにはバンドやユニットでこれまで何度もステージに立たせて頂いたことがあり、自分にとってとても居心地の良い場所です

そういう場所で録音できるというのも魅力でした

(3) 友人からの勧め

「音楽的には大先輩のボーカリスト」がやっているロックバンドがAfter Beatさんを使ってレコーディングしていると聞いて「品質」的には大丈夫だろうと確信しました

このロックバンドは結成30数年でアルバムも複数リリースしている私から見たら雲の上の存在

音にかなりのこだわりを持ってレコーディングに臨むバンドだというのは昔から聞いていましたので、そのバンドがやっているのなら間違いないだろう ということなんです、当然のことながら「音へのこだわり」で延長に継ぐ延長の嵐らしいですが

あとは、やはりこのご時世(流行り病で飲食・ライブハウスの経営難)、日ごろお世話になっているところを応援したいという気持ちもありますよね、

 

たとえ小額でも、どうせ落とすならお世話になっているところへ!!!

 

が最近の合言葉です

今回のレコーディングメンバー

AfterBeatマネージャ 田中さん
エンジニア 愛甲さん(音響サービス音くじら)ピアノ   Dotchys(事前にトラック作成済)
ボーカル  Dotchys
コーラス  Dotchys,田中さん
手拍子   Dotchys,田中さん、愛甲さん
ガヤ    Dotchys,田中さん
ボイスベース 田中さん

左から愛甲さん、Dotchys。田中さん

そうなんです、なんと田中さんと愛甲さんがいろいろとお手伝いしてくれました♪ ありがたや~

コーラスや手拍子は全てDotchysが一人でやって重ねていこうと思っていたのですが、やはり複数人でやると、特にガヤ!! 臨場感がまるで違いますね、本当に感謝です!!

さらには、一部どうしてもアクセントをつけたい箇所があって、そこに田中さんがボイスでベースを入れていただきました

こういう感じでみんなで楽しみながら作りあげていった感じです

それもAfter Beatさんの良さだと思います

レコーディングの実際

覚書として、今回のレコーディングを順を追って書いていこうと思います

事前準備

・ピアノトラックの作成

今回のレコーディングではボーカル録りに集中するためにピアノ伴奏は事前に自宅で録音してそのデータをUSBメモリに入れて持参しました

・録音する曲の歌詞・サイズがわかる資料の作成

まずは、この曲がどんな曲で、どんな雰囲気に仕上げたいのかというところがわかる説明文を書きます

そして、どこで何をやりたいか等をエンジニアに説明する資料を作成しました

コーラスをどこに入れるとか、ガヤや手拍子をこうしたい みたいなことを書き込んでいきます

・歌の練習

まぁあたりまえですが、喉を良い状態にするというのも必要です
今回は喉の調子はイマイチでした、まぁしょうがないです

一日目 打合せ

当日、まずはご挨拶、名刺交換、そしてそのあとすぐに曲の説明を行います

ここで、こんな風な曲にしたいということをエンジニアと共有することが大切ですね

今回、愛甲さんとはとてもうまくコミュニケーションできたと思います

一日目 ボーカル録り

事前に録音したピアノトラックを流しながらボーカルを録音していきます

今回は一発録りではなくて、細かく分けて録音していく方法にしました

まずは一番のAメロを納得いくまで何度も繰り返して、次にBメロ、その次にサビ、、、みたいな感じです

2回で済むこともあり、6回目でやっとOKみたいなところもありましたが、単純な曲ということもあり、2時間ぐらいで終了です

一日目 コーラス録り

次に、ボーカルに被せるコーラスと、サビの手前のコーラスを録音しました

これは比較的順調に進みました

コーラスは自分の声の多重録音です、テイクを重ねるごとにどんどん分厚くなっていくのが実感できて気持ちがいいですね

最後のコーラスには田中さんにも参加して頂き声質の違うコーラスが入ったおかげでいい感じになりました

一日目 スキャット・手拍子・ガヤ録り

ボーカル/コーラスの次は、後半のサビの部分の手拍子やガヤ、そしてスキャットです

ここで、田中さんと愛甲さんにも加わって頂き、勢いを出すためにアルコールも投入して、とても楽しい時間を過ごすことができました

エンジニアの愛甲さんのテクニックによりとても壮大な感じの出来上がりとなり嬉しい限りです

ここで一日目は終了、二日目は、一か所だけ残ったサビ2のボーカル録りとMIXです

二日目 サビ2のボーカル録り

サビ2は、前日に急遽付け足したのですが、二日目の朝に、よくよく聴いてみると歌詞が超絶ダサかったのでスキャットだけにすることにしました

挨拶もそこそこに、前日のセッション終了後に愛甲さんがMIXした音源を聴かせていただきました

最後の部分がとても壮大に仕上がっていて「まさにこれです~♪」と大喜び!!

そして、スキャットの録音ですが、これはかなり難儀しました、結局、田中さんにもいろいろとご意見を頂き、田中さんにボイスベースを入れて頂いて、更にはローファイな感じに仕上げて頂きました

田中さんのボイパ

田中さんのボイパ

最後に、Aメロの一番最初のボーカルが気になっていたので録り直ししてレコーディングはこれにて終了!

二日目 MIX~完成

ここから、細かいMIXの調整です

はっきりいってやはりシンドイですね、もう二日間も同じ曲ばかり聴いているので感覚がマヒしてしまいます

そしてだんだんとどーでも良くなってくる。。。。

この段階では、言いたいことはどんどんエンジニアさんに投げかける必要があります、やってみてはもとに戻しの繰り返しです

結局、MIXの作業は2時間ほどでした

Mix作業中@After Beat

Mix作業中@After Beat

本当は、一日おいてまた聴きなおすほうが良いと思いますが、今回は

「このくらいにしておこう」

というか、また新たに変えたいところが出てきたらお金を払えばいくらでも変えられますからね♪

ということで、最終的には愛甲さんにお任せしたかたちでMasteringまでしていただいて2MIXのWAVデータを頂いて終了です

いろんなスピーカ、いろんなコンディションで鳴らしてみて、というのは次のレコーディングの機会にしてみたいと思います

感想

1. ピアノのトラックは全ての基準になるのでもう少し完成度を上げておくべきだった

2. 曲の構想とデザインが大切、今回はその点での突き詰め方が足りなかった

3. MIXについては時間をかければかけるほど良くなる、どこで妥協するかだけど、今回はあまりにも安易に妥協してしまった感があります

4. そういう意味で、プロデューサという立場の人がいるととても捗ると思う反面、自分のやりたい放題が出来なくなるということもあるので悩む

5. そうはいうものの、一人で全て行う宅録に比べると相談できる相手がいるということはかなりのメリットになるのではないかと思う

6. 宅録ではMIXにとても時間がかかり且つ自分の思う通りの結果になせないことが多い、やはりプロのエンジニアは違います、自分が思ったことを言葉で伝えるとだいたいその通りの結果をすぐに返してくれる、ここが宅録との大きな差だと思う

まぁ、自分がそのくらいのスキルを身に着ければ良いのですけどね、その時間は曲を作ったり歌たう時間に費やしたいと思う今日この頃

まとめ

そんなこんなで、とりあえず一曲レコーディングできました!!

After Beatの田中さん、そして音響の愛甲さん、ありがとうございました!!

これから3ケ月かけて6曲のレコーディングをしようと思います

そして、4曲については動画も作成する予定です、動画についてはどのような体制でやるのかも未定ですが、自分自身凄く楽しみにしています

まずは今回レコーディングした「ゴッドウメサマ」のMV作成に着手します

メッセージ メッセージ

タイトルとURLをコピーしました