Dotchysライブ 2019/08/22(Th)@ModernTimes京都

Dotchysライブ 2019/08/22(Th)@ModernTimes京都

京都のライブハウス モダンタイムスさんのスローミュージックという事前エントリー制のライブイベントに参加させて頂きました。Dotchysにとっては今年13回のライブとなります。

まずは、モダンタイムズさんが如何に素敵なライブハウスかということを暑くるしく語った別の記事がありますのでご覧頂けたら嬉しいです。

ライブハウス紹介 ModernTimes (京都木屋町三条上る)
京都の木屋町三条上るという繁華街にあるライブハウス ModernTimes をご紹介いたします。 ModernTimesはFoodもDrinkも安くて美味しい音楽と食べ物の両方で楽しめる一般の人にも優しい貴重なライブハウスです。

出演者

さて、この日の出演者は6組です。偶然全ての出演者が50歳以上という熟年高齢化ライブとなりましたが、オリジナルのギター弾き語り2組、オリジナルのブルースユニット一組、昭和歌謡バンド一組、GSカバー弾き語り一組、オリジナルピアノ弾き語り一組 という感じでバラエティに富んだステージで飽きずに最後まで目いっぱい音楽を楽しむことが出来ました。

 出演者は、

1. オクダちゃん さん
2. 上原秀剛 さん
3. ラウンジゆうこring さん
4. MASAバンド さん
5. dotchys
6. やましん さん

です。

それでは、出演順にご紹介していきますね。

オクダちゃん

オクダちゃん 20190822@ModerTimes

笑顔が素敵なオクダちゃん

写真でお分かりのようにギターの弾き語りでストレートなオリジナルフォークソングを歌われます。とにかく笑顔が素敵な方で歌そのものの印象も「笑顔な感じ」がして凄い方だなと思いました。曲は「うんそうそう!」と思わず頷いてしまうような曲が多かったです。

上原秀剛 さん

上原秀剛さん20190822@ModernTimes

GSのメドレーを演奏されて大変会場が盛り上がりました。

上原さんは、「今日はGSを歌います」と宣言されてからステージに立たれました。これでもかという感じのGSの連射!! あまりGSに詳しくない私でも半分は今でも口ずさむことが出来ました。やはりGS(グループサウンズ)ってとても流行っていたということを再認識しました。

GSと言われてもなんのこっちゃ?とお思いの若い方もいらっしゃると思いますが、昭和40年代にビートルズブームが来て、日本にも雨後のタケノコのようにエレキギターを持った若者によるバンドがたくさん出現しました。出現とは言っても「作られたモノ」だった訳ですが、それらのバンドの頂点に立ったのがタイガースやスパイダーズ、テンプターズなどのGSなのです。令和元年現在還暦以上の方たちはGSとともに育ったと言っても過言ではありません。

GSの説明はこのくらいにして、上原さんのステージに戻りますね。

上原さんは淡々と歌っていますが、ギターのテクニックも歌のテクニックもかなり凄くて、特に脱力しつつも存在感のある歌い方についてとても参考になりました。

今回は出演者全員が50歳以上なので客席も50歳以上の方が大半で、客席から合いの手やコーラスが入ったりして大変盛り上がりました。

毎回、テーマを変えて出演されているとのこと、今度はオフコースやチューリップが聴きたいなと思いました。

ちなみに、お名前の読み方は「うえはら しゅうごう」だそうです。

ラウンジゆうこring さん

ラウンジゆうこring さん

昭和の時代のバイショーバンドを再現する巧さと楽しさ

昭和歌謡を昭和歌謡としてキチンと再現するユニットです。私は知らなかったのですが、結構有名なバンドであることを後で知りました。

本物のラウンジのママさんのバンドと漏れ聞こえてきたので、メンバー全員が業界の方々と思って聞いていましたが、ライブ後にお話しをさせて頂いた時に業界人はメインボーカルのママさんおひとりと聞いてびっくり!! それほどに玄人のラウンジバンドっぽい雰囲気がありました。 バンド名のゆうこRingの「ゆうこさん」はキーボードを弾きながら歌う美魔女ママさんとのことでした。

昭和の時代にはバイショーと言って、ラウンジなどで昭和歌謡やジャズスタンダードなどを演奏するハンドが沢山あったのですが、それをそのまんま再現したような感じでしたね。

メインボーカルママさんが歌うDesperadoがツボでした。キーボードのゆうこさんのボーカルもとても巧くて「バイショーバンド」の印象を決定付けます(バイショー、これの言葉は良い意味で使っております、いわゆる昭和のプロっぽいという感じ)

ラウンジゆうこring さん

Desperado最高!!

ラウンジゆうこring さん

ドラマーさんとギターさんの歌も上手い!!

さすがの有名バンドさんで、お客様もたくさん呼んで頂いていて大変盛り上がりました。 素晴らしい!!!

MASAバンドさん

MASAバンドさん

渋い、渋すぎる♪ 大人のBlues♪

仙人のような雰囲気のMASAさんとカホンのユニットで、MASAさんのオリジナルをブルース調で歌われます。「西日の当たる家」という曲は、あの「朝日の当たる家」のオリジナルカバーバージョン(歌詞がオリジナル)でとても良かったです。

MASAさんは恐らくこの日の最年長!  自然体で音楽を奏でられているお姿に自分もこうありたいと思ったのでありました。 自然体って大事ですよね。

Dotchys

少しザワザワした雰囲気の中、司会のヒロ店長さんに紹介して頂いて、開口一番、

Dotchys:「みなさんこんにちは、Dotchysこと京都の大竹まことです♪」
会場  :「シーーーーーーン、ザワザワ」

みたいな大スベリがあって前途多難な状況の中Dotchysのステージが始まりました。

Dotchys 20190822@ModernTimes

モダンタイムズでのDotchys

スベッたのは、私の滑舌の悪さとマイクなしでしゃべってしまったこととザワついた会場をいったん静めるアクションを挟まなかったからなんですが、いやぁ、反省点多しですね。

さて、ツカミには失敗しましたが、もうやるしかありません。

セットリストは、

1. 僕が見た雲は (旧かみなりぐも)
2. 街角と未来 (旧バックストリートウーマン)
3. いのちのゆくえ
4. DNA

の4曲です。

僕が見た雲は と 街角と未来 はアレンジの全面更新とメイン旋律の一部変更を施してのメジャーバージョンアップでしたが、やはりバージョンアップして良かったと思える客席の反応でした。方向性はこのままに更にアレンジを詰めて、歌と演奏の質を高めていければ「曲」としてなんとかなりそうな予感がします。

いのちのゆくえ は、伴奏を少し変えてシンプルにしました。これが特大の効果がありました。一番最初、右手だけの超シンプル且つ静かな伴奏にのせてAメロを歌うのですが、これがとても効果的でした。音と音の間がとても静かで会場全体がシーーンとなります。そうなると小さな声で歌っていてもめちゃくちゃ存在感のある歌になるのですね。これを体感させて頂きました。

最後の曲、DNAもかなり構造とコード進行とアレンジを変えて臨みました。言いたいことが客席に伝わる感じが歌っていてもよくわかりました。不思議とわかるものですね。この曲もあと少し構造とメロディを修正すれば完成です。

前回のモダンタイムズでは曲の骨格のみで勝負していましたが、今回は骨格を少し格好よく変えて洋服を着せた感じで勝負できました。

あとは、お化粧をして髪を整えて服のスタイリングを見直して靴を新しくすれば完成です。

まぁ、なに言っているのかわからないでしょうけど、だんだんと曲が固まってきたということで大変嬉しい成果があったステージでした。

お客様の反応も前回よりも感度が上がったように見えました。ただ、100点満点で5点から10点ぐらいに上がったにすぎません。

歌も演奏も5-6回重大ミスがあり、全体のダイナミクス(一本調子)にも課題を残しました。MCと曲順も課題というよりそこらへんはゼロからですね。

次回スローミュージックへの出演は10月30日(水)となります。次回のステージでは「完成されたDotchys」をお見せしたいと思います。

今回、モダンタイムズのヒロ店長さんから

「変態チックな歌詞、面白いです(笑)、どんどん、ワールド発揮してくださいね!」

というコメントを頂きました。

やっぱり変態か!!

Dotchys 20190822@ModernTimes

変態と言われて。。。

変態として少しずつ認めて頂けていることはある意味狙っていたことでもあり大変嬉しいことです。そして次のステップへ行かねばなりません。

そうです、楽曲を鋭意完成させて「変態」という形容詞だけで終わらないようにするのが次の目標なんです。

「とても良い音楽ですね♪ちょっと変態チックだけど」

こういうふうに言われることを目指して頑張るのだ!!!

やましん さん

やましんさん

生粋のメロディメーカー、美しい曲とジーンとくる歌詞のコンボ♪

福井から参戦のやましんさん。丁度50歳で私より10歳年下。恐らく他のライブでは一番年上のことが多いと思いますがこの日のライブでは恐らく一番お若いのではなかったかと思います。

ギター弾き語りのオリジナルですが、単純なフォークソングではなくて色々な音楽が混ざったような飽きさせない魅力があります。リズムにしろコード進行にしろ変化があるのが大切なんだなと再認識いたしました。

一番感激したのが、お客様でいらしていたご夫婦へ捧げた曲。「ありがとう」という言葉を嫌味なくわざとらしくもなくしかもストレートに歌える曲って本当に凄いと思いました。

福井県鯖江市からクルマを飛ばしてやましんさんのライブを聴きに来てくれるファンの方がいらっしゃるというのが本当に素晴らしい!!

終わってみて

こうして、残暑の京都の木曜日夜が過ぎていきました。

恒例のライブ後の歓談タイムでは共演の皆様と楽しく話が出来てこれもスローミュージックの楽しみです。

日付が変わる頃、外に出ると結構強い通り雨が降り始めました。飛び跳ねる雨粒がここちよく思える時間を頂きまして、聴いて頂きました皆様、モダンタイムズのヒロ店長、PAのAyaさん、フロアスタッフの皆様、そして共演者の皆様、本当にありがとうございました。

メッセージ メッセージ

  1. 今回は沢山紹介していただきありがとうございました。
    次回のスローミュージック10/30日は水曜日です。土曜ではありませんね。
    オフコースはさよなら、チューリップは心の旅、しかできませんが、好きなバンドです。
    一度、宇治の伊勢田へ遊びに来て下さいね。

    • 上原さん、コメントありがとうございます! dotchys.com開設以来初めてのコメントでございます♪ とても嬉しいです!曜日早速修正いたしました、次回また楽しみにしております。伊勢田遊びに行きます!!

タイトルとURLをコピーしました