Dotchys promotionについて#3 具体的な方法論

Dotchys promotionについて#3 具体的な方法論

Dotchysをプロモーションするにあたって、#1では集客についての考え方を整理し、D層(見ず知らずの方々)へのアプローチを行うこととし、#2ではDotchysはどんなミュージシャンなのかというところを整理しました。

これまでの二つの記事はこちらです。

Dotchysのプロモーションコンセプト#1~集客の観点からの考察~
ライブを続けていてもなかなか集客が増えないどころかジリ貧であるという状況を打破するために、一旦そもそもお客様とはというところから考えてみました。
Dotchysのプロモーションコンセプト#2 Dotchysとは?
Dotchysの音楽活動再構築にあたり、Dotchysをどう表現するのかを考えました。

今回の記事#3では、どのようにPromotionしていくのかについて書いていきますが、#3はあまりに内容が広範囲に及んでいる為かなり冗長になってしまいました。長いですが是非最後まで読んでくださいね。

そして、各項目は具体的に実行する際のHow to含めて5W1Hがほとんど書かれていません。そうなんですこれから考えるんです。 考えて決めたことはDotchysの覚え書きとしてこのblogに書いていきたいと思いますが、考えること、やることが多すぎて、難しすぎて、面倒くさくてやる前から今後の展開について暗い予感しかしません。

 とりあえず2020年からの計画なのであと2週間ほどで膨大な実行項目の細かく具体的なことを決める必要があるのです。こういうことを絵に描いた餅とか言いますが、アタマの中にはあるので最悪ドキュメント無しの状態でも実行したいと思っています。とにかく前に進め! ですね。 そして最初からうまくいかないことはわかっているので、「実行したことを分析して次に生かして」を繰り返していきます。そしてそのプロセスは逐一このblogに書いていきますネ!!

Dotchysは60歳なので志半ばで活動できなくなる可能性もありますが、その時点でまったく世の中に聴いてもらえていない状態であったとしても悔いは残りません。

= 倒れた時に前を向いてさえいれば =

だんだんとアヤシサ感が強くなってきたので元に戻します。

今回の記事では、諸先輩方がどのような自己Promotionを行っているのかを分析して自分なりにまとめてみました。やることは先人達とあまり変わらないと思いますので諸先輩方が行っているアクションをどのように整理してどう取り入れていくのかがポイントとなりました。

また今回は、数値目標は設けませんでした。現段階ではアクションの継続のみが重要だからです。しかしアクションがうまくいっているかの検証に必要な「数値項目」はありますのでそり実績はきちんとモニタリングしていこうと思っています。

2020年のDotchys音楽活動の方針

Dotchysの音楽的原点は、たくさんの方々にDotchysの音楽を楽しんで頂きたいということ。それはD層(不特定多数)へDotchysの音楽を聴いて頂くことに他ならない。それをどうやって実現するかをまとめました。

ライブだけをやって、身内や友人・関係者を呼んで、対バンや口コミで顧客を拡大しようとするやり方は間違ってはいないと思いますが、あまりにも分母形成(Dotchysを聴いた人の数)のスピードが遅いので成果がまったくあがりません。 ファンになってくれるのはDotchysを聴いた人の0.1%ぐらいが現状ではないかと思うのです。0.1%というのは1000人に一人。今までのようにライブを毎月やったとしても1000人に聴いてもらおうとおもったら今の感じでは100歳になってしまいます。そこで分母をいかに増やすかというところを重点的に考え、今後の音楽活動のやり方を根本から変えることにしたのです。

ファンを増やすには分母を増やすことに加えて確率を上げることも大切です。確率を上げるためにはコンテンツの品質を上げること、Dotchysの人間力を上げること、きめ細かなフォローアップを行うこと などが考えられますが。こちらの観点の話は今回は対象外としました。 その点については別途記事にしたいと思います。

1. 行動指針

(1) 中長期的(5年)の観点からDotchysの音楽をD層(一般視聴者)へ少しでも浸透させることを考えて行動する

(2)Dotchysの活動はたとえ小さなライブであったとしても全て「D層への浸透」という大きな目的を達成するためのものであるという位置づけを明確化して行動する

2. D層への浸透の為にやること

(1)コンテンツ(音源・CD・PV)の整備
・D層へのPRツールとしてのコンテンツを作成する。今後毎年更新していく

(2)ネット生配信をメインツールとして位置づけ
・不特定多数へのアプローチとして生配信をメインに据え配信を毎日継続する、これが一番重要!
・生配信にてSNS、Blogへ誘導し、SNS、Blogからライブへ誘導する動線を形成、この流れを如何にスムーズにするかがKey for Success!

 →(2019/12/18追記)
・生配信は「生演奏主体の配信」ではなく、どちらかというと、「DotchysがパーソナリティのTV番組」にしたいと思います。その中のコンテンツの一つに「生演奏コーナー」があるという感じです。人間Dotchysが視聴者に語り掛け、視聴者と相互にコミュニケーションしながら番組を進めていくイメージです。

(3)従来のライブでのD層獲得も継続するが、ライブの品質向上のためブッキングライブは2ケ月に一回としライブ自体も単なるライブではなく企画性の高いものとしたい

(4)企画物、オープンマイク、BGMの仕事には積極的に参加する

(5)同じベクトルの考え方を持つ人との関係を強化し相互協力

3. 2020年にどこまで実行するのか

項目別にレベルを定義し、現状のレベルと2020年に実行するレベルを整理しました。 レベルについてはレベルが高い方が偉いとかスゴイとか言うのではなくて、その項目についてどれだけ突き詰めてやっているかという指標にしたつもりです。全ての項目でレベルを上げる必要もありませんし、自分はどうしたいのかという観点で取捨選択していくものだと思っています。もしかしたら重要な項目が抜けているかも知れません。何かお気づきの点があったら是非教えてください!! 超参考させて頂きます!!

コンテンツ

 まず一番重要なのが「コンテンツ」です。不特定多数にバラマク形になるのでバラマクものが必要でそれがコンテンツです。

 そしてコンテンツの品質が高ければ高いほどD層への浸透も早くなりますが、ここで問題なのは品質が高くても浸透しない時は浸透しないということです。逆に品質はソコソコでもD層に売れることもあります。その差は何なのかということを追求していくことも重要ですね。もちろん品質が高いことにこしたことはありませんので品質向上ももちろん最優先事項ですがコンテンツの品質向上については別の記事に書こうと思います。

もう一つ重要なのは、「自分が出来ることをやる」ということですね。売れ線を狙って自分のスタイルを放棄してまでそれを真似するというのは本末転倒です。 結果が伴わない時には、人真似をやりたくなりますが、それは絶対やってはいけないと思うのです。

現状レベルは赤のアンターライン

2020年に到達したいレベルは赤い文字で表記します。

音源

・Level0・・音源なし

・Level1・・ライブを録音したもの・iphone等で録音・録画したもの

・Level2・・自分で複数トラックを録音しMIX、マスタリングも自分で行ったもの

・Level3・・自己プロデュースで知合いの演者とプロのスタジオで録音(Mix・Mastering含)したもの

・Level4・・該当なし

・Level5・・プロのプロデューサのもとプロの演者とプロのスタジオで録音したものがある。

[現状] Level1
[2020] Level3

2020年にやること
・3曲のレコーディング・MIX・マスタリングまで—4月末
・5曲のレコーディング・MIX・マスタリングまで—8月末

CD

・Level0・・CDはない

・Level1・・CD-Rと自分でデザインしたプリンタ印刷のカバーを使い作成

・Level2・・自己プロデュースで原版作成・プレス・カバーデザイン・印刷を別注して作成

・Level3・・該当なし

・Level4・・該当なし

・Level5・・プロのプロジュサの元で原版作成・プレス・カバー作成を一括委託して作成

[現状] Level0
[2020] Level2

2020年にやること
・3曲入りCD作成—6月末
・8曲入りCD作成—10月末

Promotion Video

・Level0・・動画はなし

・Level1・・ライブ動画(編集無し)

・Level2・・ライブ音源と自分の写真を使って簡易的なPVを作成

・Level3・・自分で音源と写真、動画を使いきちんとした構成のPVを作成

・Level4・・該当なし

・Level5・・プロのプロデューサのものプロによるPVを作成

[現状] Level1
[2020] Level3

2020年にやること
・DotchysPV(3曲を断片的に使う)の製作—5月末
・1曲遠しのPV製作—7月末

アーティスト写真

・Level0・・なし

・Level1・・ライブでの写真を流用

・Level2・・自分たちで撮影(スナップ写真)

・Level3・・自分たちで撮影(撮影機材を使用・衣装・小道具あり)

・Level4・・該当なし

・Level5・・プロによる撮影

[現状] Level0
[2020] Level3

2020年にやること
・Level3にて撮影—2月末

・Level0・・自分の曲はない

・Level1・・自分の曲の歌詞カード・コード進行表がある

・Level2・・自分の曲のボーカル譜がある

・Level3・・自分の曲のスコア譜がある

・Level4・・該当なし

・Level5・・該当なし

[現状] Level1
[2020] Level2

2020年にやること
・音源作成に合わせてLevel2まで整備

音源販売

CD

・Level0・・販売していない

・Level1・・ライブにて手売り・自分のWebsiteからの販売

・Level2・・Amazon等ネット経由販売

・Level3・・CD Shopによる販売

・Level4・・該当なし

・Level5・・事務所プロモーションにて種々ルートで販売

[現状] Level0
[2020] Level2

2020年にやること
・利用するサービスの決定—1月末
・音源製作に合わせて音源登録—3月~

音源データ

・Level0・・売っていない

・Level1・・ライブにてUSBメモリ等を手売り・自分のWebsiteからの販売

・Level2・・該当なし

・Level3・・ダウンロードサイト経由で販売

・Level4・・該当なし

・Level5・・事務所プロモーションにてダウンロードサイト経由で販売

[現状] Level0
[2020] Level3

2020年にやること
・利用するサービスの決定—1月末
・音源製作に合わせて音源登録—3月~

広報・ライブ・フォローアップ

広報戦略

・Level0・・何もなし

・Level1・・頭の中で考えている

・Level2・・全てのコンテンツ・媒体毎に活用計画がある

・Level3・・全体を貫く戦略がある

・Level5・・プロデューサーが存在しPDCAが回る

[現状] Level0
[2020] Level3

2020年にやること
・2019年内に大方針を決定、2020年のアクションプランを作成
・毎月見直し
・知人によるフォローアップとアイデア出し

Website

・Level0・・持っていない

・Level1・・固定ページのみ

・Level2・・Blogあり・SNSと連携

・Level3・・Blogを毎日更新・ポータル化

・Level4・・デザインをプロに依頼

[現状] Level2
[2020] Level3

2020年にやること
・Blog記事の毎日UP
・曲情報ページの作成—3月末
・デザイン一新—10月末

SNS(twitter,Instagram)

・Level0・・IDなし

・Level1・・IDあり・適当に投稿

・Level2・・ある程度戦略をもって投稿

・Level3・・相互連携あり

・Level4・・毎日発信

・Level5・・該当なし

[現状] Level1
[2020] Level4

2020年にやること
・Twitter毎日tweet
・Insta毎日投稿
・生放送と連携—1月~

メルマガ

・Level0・・なし

・Level1・・該当なし

・Level2・・不定期発信

・Level3・・定期発信

・Level4・・毎日発信

・Level5・・該当なし

[現状] Level0
[2020] Level3

2020年にやること
・開始時期未定、生放送の視聴者数をモニタリングして開始時期決定

Youtube

・Level0・・IDなし

・Level1・・IDあり

・Level2・・ページあり・動画掲載

・Level3・・専用デザインページ

・Level4・・作り込んだ動画を掲載・youtube生配信

・Level5・・毎日配信

[現状] Level1
[2020] Level4

2020年にやること
・専用ページのデザイン一新—4月末
・PV掲載—PV完成後

生放送

生放送については少し詳細な記事を書いています

生配信を毎日休まずに続けるためすること
見ず知らずの人たちにDotchysの音楽を聴いて頂く手段として生配信をチョイスしたのですが、生配信するだけでも大変なのにそれを毎日やるとなると「本当に出来るのでしょうか?」という疑問が沸いてきますよね。

・Level0・・なし

・Level1・・自分で・不定期に歌ってみたを放送

・Level2・・自分で定期的に間隔を開けてトークも含めて放送

・Level3・・自分で毎日放送する・ライブ配信

・Level4・・自分で他のチャンネルとのタイアップ

・Level5・・商業放送の番組枠で放送

[現状] Level1
[2020] Level4

2020年にやること
・毎日放送—1月~
・毎日の放送が3ケ月続けば他のチャンネル等とのタイアップを検討

フライヤ・ポスター

・Level0・・なし

・Level1・・自分で適当に作成

・Level2・・デザインの知見がある人が作成

・Level3・・デザイン事務所に発注

・Level4・・プロブューサーがデザイン事務所に発注

・Level5・・該当なし

[現状] Level0
[2020] Level2

2020年にやること
・今年は特に作成しないが、特別なライブ等があれば作成する。

ライブ

ハコ

・Level0 ・・ライブはしていない

・Level1 ・・企画もの・オープンマイク等ノルマのないライブ

・Level2 ・・ライブハウスのブッキング

・Level3 ・・ライブハウスでのワンマン

・Level4 ・・キャパ100超のライブハウスのブッキング

・Level5 ・・キャパ100超のライブハウス・ホールでのワンマン

[現状] Level2
[2020] Level2

・ブッキングライブは2ケ月に一度に限定
・オープンマイクとノルマなしライブは積極的に探して参加

ブッキングライブの内容

 ライブには色々な形態がありますが、特に「ブッキングライブ」は当面は生配信との両輪で回していく重要な項目ですので、一つの項目としてフォローしていきます。

・Level0 ・・ブッキングライブはしていない

・Level1 ・・やる曲も決めずにその場のノリで歌う

・Level2 ・・事前準備はするがただ歌うだけ

・Level3 ・・ライブ全体をショーとして捉えてデザインして演じる

・Level4 ・・他のジャンルのアーティストとのコラボ等の企画

・Level5・・該当なし

[現状] Level2
[2020] Level3,4

まとめ

ここまで長文を読んで頂きましてありがとうございます。如何でしたでしょうか、あまりにやることが多すぎてびっくりですが、友人と関係者がほとんどのライブから抜け出したいと思うならここまでやって当たり前、コンテンツの品質や時代嗜好次第では徒労に終わる確率も高いと思います。ただ、Dotchysの音楽を聴いて欲しいという欲求が続く限りは頑張れそうな気がします。 いずれにせよ、ほとんど勝ち目の無い勝負に挑むわけで、自分一人の力だけでは継続することすら困難なことは承知しています。

今回、アタマの中で色々とアクションを考えましたが、もし「ここが変だ」とか「こうしたら良いのに」とかお気づきの点がございましたら是非お問い合わせ欄かコメント欄を使ってご指摘・ご教授頂けたら大変嬉しいです。ネガティブなご意見ほど嬉しいです。

また、同様のことを考えているミュージシャン・アーティストさんがいらっしゃったら是非ご意見をお伺いしたいと思いますので「お問い合わせ欄」かコメント欄にてご意見をお待ちしております!!

お問い合わせはこちらまで!

Contact

なお、本件は、定期的にその進捗状況をblogにてご報告いたしますのでぜひぜひみなさん応援のほどよろしくお願いいたします!!!!

メッセージ メッセージ

タイトルとURLをコピーしました